オーストラリアの永住権!パートナービザステージ2申請方法

オーストラリアのビザ

こんにちは、はらぺこうさぎです。

 

パートナービザを申請してから2年経つと申請できる永住権。というか今まで永住権じゃなかったのか、という感じですが(;^_^A

今までは”Temporary”だったのが”Permanent”に変わるんですね。

これを申請すると、自分の両親をスポンサーすることも出来るようになるんですね~!

それでは早速、ステージ2の申請方法を紹介します。

 

Apply through ImmiAccount

ImmiAccountにログイン

New Applicationをクリック

Family→Stage 2 Permanent Partner Visa Assessmentをクリック

Terms and Conditionsに同意してNextをクリック

Application context

Current visa detailsはYesを選択、Reference number typeはApplication IDかTransaction reference number(TRN)を選択して下に番号を入力。TRNの方がImmiAccountの最初のページに載ってるのでコピペ出来て簡単かもしれません。そして自分の生年月日を入力。

Primary applicant

次のページでは下記情報を入力します。

  • Passport details – パスポート情報をそのまま入れれば問題無しです。有効期限が6ヶ月以上残っているか確認を忘れずに。
  • National Identity Card – No
  • Place of birth – パートナービザを申請した時と同じように入力。
  • Relationship status – De FactoかMarriedを選択。Marriedの人は結婚した日も入力。
  • Other names / Spellings – No
  • Citizenship – No(日本は二重国籍持てないですからね)
  • Other passports – No
  • Other identity documents – 私は日本の運転免許証を持っているので、Yesを選択し詳細を入力。

Critical data confirmation

次のページではこれまで入力した情報に間違いがないか確認します。最後にYesを選択。

Contact details

次のページでは下記情報を入力します。

  • Residential  address – 現住所を入力。
  • Contact telephone numbers – 私はモバイルしか持っていないのでモバイル番号を入力。
  • Postal address – 現住所に郵便物が届けばYes。
  • Email address
  • Intended state of residence – 今後住む予定の州を選択。

Migrating members of the family unit

次のページでは他に一緒に申請する家族がいるか聞かれます。私は私自身だけなので”No”を選択。

Authorised recipient

この項目では弁護士やエージェントを使っているかを聞かれてます。私は自分で申請してるので”No”を選択。

Electronic communication

Emailアドレスを確認されます。

Family in Australia

オーストラリアに住んでいる家族がいるかを聞かれます。私はいないので”No”を選択。

Sponsor

次のページではスポンサー(パートナー)についての下記情報を入力します。

  • Personal details – パートナーの姓名・性別・生年月日を入力。
  • Passport details – パートナーがパスポートを持っていればその情報を入力。
  • National identity card – パートナーがNational identity cardを持っていれば入力。出身国によって決まりがあるようなのでこちらをご参照ください。
  • Country of birth – パートナーの出身国。
  • Relationship status – Married か De Factoを選びます。
  • Other names / spellings – パートナーが他の名前を持っていれば入力。
  • Citizenship – パートナーが他の国の市民権を持っていれば入力。
  • Australian citizenship – パートナーがオーストラリアの市民権を持っているか、持っていれば出生によるものか(オーストラリア生まれ)、申請して承認されたものかを選びます。
  • Other passports – パートナーが他にパスポートを持っていればその情報を入力。
  • Other identity documents – 出生証明書や運転免許書など、オーストラリア以外の国の書類を持っていればYesを選択し、種類をPDF化してアップロードします。詳しくはこちらをご参照ください。

Sponsor’s contact details

次のページではスポンサー(パートナー)についての住所等を入力します。

  • Residential  address – 現住所を入力。
  • Contact telephone numbers – パートナーもモバイルしか持っていないのでモバイル番号を入力。
  • Postal address – 現住所に郵便物が届けばYes。
  • Email address

Countries visited

次のページでは、テンポラリービザが下りてから訪れた国があればリストアップします。

Reducing violence in the community

次のページでは、オーストラリアでは家庭内暴力等を減らすために、パートナーは過去に犯したすべての暴力犯罪を公にする必要があると伝えています。

文章の中にあるReducing Violence in the community にアクセスして内容を理解したら、次のページに進みます。

Relationship

次のページでは、テンポラリービザがを申請してから24カ月経過しているか、パートナーとの関係は良好か聞かれます。もちろん両方Yesで。

Current relationship

次のページでは下記情報を入力します。また書かなきゃいけないんですね…

ステージ1で書いたものを参考に、追記していきます。

  • Do the applicant and the sponsor have a mutual commitment to a shared life as a married couple, or as de facto partners to the exclusion of all others? – Yesを選択。
  • Give details of the financial aspects of the relationship. – 経済的にどう助け合っているか。
  • Give details of the nature of the household. – 家での役割。
  • Give details of the social aspects of the relationship. – 他の人との関わり。
  • Give details of the nature of the commitment the applicant and the sponsor have to each other. – 関係を続けることを約束したもの(日本語にすると難しいですね、、結婚を決めた時のことや結婚式の話を書きました)。
  • Give details of the development of the relationship from the date the applicant was granted the temporary visa. – テンポラリービザが発行されてから、どのように二人の関係を育んできたか。

Supporting witnesses

次のページでは、二人の関係を証明できる二人の証人の下記情報を入力します。

  • Supporting witness details – 姓名・性別・生年月日・申請者との関係・職業・知り合って何年か
  • Residential address – 住所
  • Contact telephone numbers – 電話番号
  • Electronic communication – Emailアドレス

Education

次のページでは、テンポラリービザを取得してから高卒以上の学位(ディプロマ等)を取得した(しようとした)場合、その情報を入力します。

Employment

次のページでは、直近2年の職歴を入力します。働いていない人は、働いていない理由とどのように経済的に支えてきたか入力します。

Language

次のページでは、通訳が必要か聞かれます。念のためYesにして母語Japaneseを選択します。

Character declarations

次のページでは、犯罪履歴等が無いか聞かれます。Yes / Noで答えます。

Declarations

次のページでは、情報に誤りがないか・理解しているか等問われます。全てYesで。

 

Submit

提出したらひとまず完了です!いや、なかなかボリューミーでしたね。。

Attach document

ステージ2でもいろいろ書類の提出が必要なんですね。ひとまず”Recommended”とされている書類を提出していきましょう。

コメント