オーストラリアワーホリ中の滞在先について

ワーホリ

ワーホリで海外生活をはじめるにあたってまず必要なのは住む家です。

今回はどんな滞在先があるか、またその滞在先の見つけ方を紹介したいと思います。

滞在先の種類と利点・欠点

バックパッカー(通称バッパー)

滞在日数の制限が無く、簡単に安く住めるのが利点。また世界中からの旅行者と友達になれます。(特にヨーロピアン)ただし、ほとんどがドミトリー(相部屋)なので、静かに暮らしたい人や高額な物を所有している人にはお勧めしません。また女性はFemale onlyの部屋にした方が安全です。都市を移動したばかりで、次の滞在先が決まるまでの短期滞在先として使うにはもってこいでしょう。

Airbnb

日本では禁止されているAirbnbですが、ここオーストラリアでは多くの人が利用しています。値段は少し高くなりますが、バッパーに比べれば綺麗で快適な生活が送れるでしょう。またオーナーによっては空港まで迎えに来てくれる人もいます。快適な反面、他の人との交流は少ないので友達作りや現地の情報交換は難しいです。

現地の人から借りる家、体験&スポット - Airbnb
Airbnbで一生忘れられない旅をしよう。近場に眠る大冒険、遠い異国のアドベンチャーを探し、世界中のユニークな家、体験、スポットにアクセス。

シェアハウス

大半の人がワーホリ中はシェアハウスに住むことになるでしょう。レント(家賃)が安く、ほとんどのシェアハウスがワーホリの住処となっているので、ワーホリ同士、現地の情報交換をすることができます。気を付けたいのは最短滞在日数を設けているところがあるので、入居を決める前にハウスルールをきちんと確認しましょう。

今はほとんどのシェアハウスオーナーがネットに広告を出しているので、気に入った家があったらオーナーに連絡を取りインスペクション(見学)させてもらいましょう。

学校寮

寮を完備している語学学校も中にはあります。空港までのお迎え付がほとんどで、はじめての海外生活には心強いかと思います。学校寮なので友達もたくさんできます。一番の問題は値段が高いことでしょう。お金に余裕がある人は学校寮もオススメです。

コメント