1年があっという間、を防ぐ方法

雑記

こんにちは。はらぺこうさぎです。

 

みなさま、明けましておめでとうございます。

年末年始ゆっくり過ごせましたでしょうか?

私はここ最近、気が付いたらもう年末・・・ということが多く、1年があっという間です。

 

と思っていた矢先、こんなyoutubeを見つけました。

”1年があっという間、を防ぐ方法”

そんな方法があるの!?それはぜひ知りたい!ということで動画の内容をかいつまんで紹介していきたいと思います。

 

1年があっという間、という感覚はNG?

そもそも1年があっという間に過ぎる、という感覚は良くないとのこと。メンタル的に有害だとか。

自分は進歩してない・何も変わらなかったという感覚が強くなり、そうするとモチベーションが下がり、人生の意義まで低下してしまうと!

確かに「達成感」は感じられた方が良いですよね。自分に満足できるというか。自分に自信が持てますよね。

なぜ1年があっという間に感じられるのか

そもそも、「1年を振り返る」という作業が間違っていそうです。

過去を振り返る際、長期間の単位(例えばこの1年)で振り返る場合と、短期間の単位(例えば数週間前)で振り返った場合では、長期間の単位で振り返った場合の方が1年があっという間に過ぎてしまったという感覚になるそうです。

また、振り返る内容も大切です。

過去起きたことと同じような出来事を思い出す場合と、全く違う出来事を思い出した場合では、同じような出来事を思い出した場合の方が時間感覚が短く感じるそうです。

充実した1年だったと感じるには?

1年を振り返る際、「この1年で何をやったか」ではなく「この週・月は何をやっていた」と考えると、最終的には「この1年でこれだけのことを達成した」と感じられるとのことです。

また何をやっていたかを思い出す際、過去達成したこととなるべく違うことを思い出してあげると、達成感を感じやすいそうです。

では具体的にどうしたら良いか、以下対策です。

日記orスケジュール帳をつける

忙しい現代人、なかなか毎日日記をつけるのは難しいですよね。毎日が難しければ毎週、毎週が難しければ毎月でも良いと思います。

自分が何に時間を使ったかということをビジュアル化しておくと良いそうです。

1年を振り返る際、その日記を見ながら自分がしてきたことを思い出すと、「色々やってきた」という達成感が感じられるとのこと。

同じようなことをしない

今までしたことのないことに挑戦する、ということが大事なようです。大きな挑戦でなくても、例えば新しい料理に挑戦する、という小さなことでもOK。

これも毎日は難しいけど、毎週・毎月なにか新しいことに挑戦すると良いそうです。

まとめ

私自身、過去を振り返ってみた時、転職活動をしていた時期、それからワーホリに挑戦した年はすごく充実していたな~と感じます。

もちろん成功体験ばかりじゃないけど、失敗体験も含め充実していたと感じられます。

そして今思えば、その頃きちんとスケジュール帳やブログを書いていたではないか!

なるほど~、知らぬ間にやっていたことが良い効果を生んでいたなんて☺

今年2019年はこの「ブログ運営」頑張って挑戦していきたいと思います♪

この記事を書いた人
はらぺこうさぎ

仕事も結婚も諦めアラサーでワーホリに。現地で出会った現旦那と結婚することになり、ケアンズに住み始める。食べること大好き!ゆるりとブログを綴っていきます。

はらぺこうさぎをフォローする
雑記
はらぺこうさぎのブログ

コメント