オーストラリア・ケアンズで妊娠&出産!(11週~20週まで)

オーストラリア生活

前回からの続きになります。

11週、Non-Invasive Prenatal Test

GPから勧められたNIPT(胎児の染色体異常や遺伝子異常を調べる検査)を受けました。

これは必須ではなく受けるかは個人の自由なのですが、必須の検査だと思っていた私(;^_^A

$400も請求があった時はびっくりしました・・・(しかも保険でカバーされないんですね)

結果は異常なし。100%正しいというわけではないそうですが、今は検査を受けて良かったかなと思います。

興味のある方はGPに紹介してもらいましょう。NIPTを受けるタイミングは妊娠11~16週が理想とされています。

12週、2回目のUltrasound Scan

私はNIPTテストを受けたのでこのスキャンはしませんでしたが、基本は12週でまたエコーをしてくれるそうです。このエコーでもダウン症のリスクが無いか確認できるそうです。

15週、Midwifeからの連絡

待てど暮らせど来ない病院からの手紙(12週頃には届くと思っていた)を待っていると、突然Midwife(助産師)からテキストが!

MGPサービスに興味があれば登録しますので連絡をください。

MGP(Midwifery Group Practice)とは、一人の助産師に妊娠中・出産・産後数週間ケアをしてもらえるサービスです。公立病院のMGPは基本無料サービス。ただしこのサービスを受けられるのは、健康な妊婦さんのみとなっています。

もちろんYESで回答すると、すぐに翌日の電話インタビューが予約されました。(このインタビューは通常病院で行われるようです)

インタビューの内容は、

  • 最後に生理があったのはいつか、生理周期
  • 初産かどうか
  • 病歴、服用している薬、現在治療している病気(高血圧・糖尿など)
  • 家族(親・パートナー)の病歴
  • 妊娠うつ病になってないか

など約30分に及びました。なかなか英語でインタビュー難しかったー!((+_+))このインタビューで妊娠リスクがA低い、Bややある、Cハイリスクと区分されるようです。

Flu shot インフルエンザ予防接種

Midwifeに勧められたのもあり、インフルエンザ予防接種を受けにいきました。なんと妊婦さんはタダ!(Medicareでカバー)有り難い(^^)

予防接種は妊娠中どのタイミングでしても良いそうです。ただし予防接種を受けてから体内で抗体が出来るまで2〜4週間程かかるそうなので、インフルエンザが流行る時期より前に受けたいところですね。

GPや薬局で受けられるので掛かりつけのGPで受けようとしたところ、在庫が無いとのこと(@_@)急いで別のGPに電話して予約しました。その際妊娠をしてることを伝えると良いですよ!(実は別のGPでも在庫が無いと言われたのですが、妊婦用に用意してるということで無事に受けられました!)

16週、つわりが落ち着き始める

胎盤が完成すると言われるこの頃から、つわりが落ち着いてきました。そして訪れた食欲!どんな食事でも美味しく感じられ嬉しい反面、今度は体重管理が必要になってきました。

理想の体重増加は、全体で7~10kg・1週間に300~500gと言われています。

個人差がありますので、自分のBMI数値から理想数値を出してみてください。外部リンク⇒妊婦の理想の体重の増え方は?
30~45分程のウォーキングやマタニティヨガ等積極的に取り入れるようにしました。今はYouTubeでたくさん妊婦さん用エクササイズが紹介されてますから便利ですね☆
オススメ動画↓

19週、ベビー用品の準備の準備

ベビー用品を買い揃えるタイミングは妊娠6~8カ月頃が良いそうです。幸い時間があったので、買い物を始める前に色々とリサーチを始めました。

必要なもの

まず、何が必要なのかも分からない状態だったので、必需品を調べました。

  1. ベビーベッド&寝具・・・価格帯 $100~600
  2. ベビーカー(Pram)・・・$150~1500
  3. チャイルドシート(Car Seat)・・・$100~400
  4. 抱っこ紐(Baby Carrier)・・・$50~300
  5. バウンサー(Baby Bouncer)・・・$50~300
  6. タオル&沐浴用品
  7. ベビー服&肌着
  8. おむつ&おしりふき

いろんな方の意見を参考にしましたが、大体上記の8点が必需品のようです。

新品か中古か

先輩ママ達に話を聞くと、生まれてから数カ月しか使わないものはセカンドハンドでも良いのでは?とのこと。ただ直接肌に触れる寝具や肌着は新品を揃えたという人が多かったです。

ベビー用品が買える場所

セカンドハンドが手に入る場所

ベビーベッド

ベビーベッドと一言で言ってもバシネット(Bassinet)と呼ばれるタイプ、コット(Cot)やクリブ(Crib)と呼ばれるタイプのものと別れます。バシネットが比較的安くて小さいものに対して、コットは高くて大きいものとなります

バシネットは安い分、生まれてから数カ月しか使えないという難点がありますが、うちはそこまで広くないので初めはバシネットを使うことに決めました。(育ってきたらまた考えなきゃな~)安いもので$100程で購入出来ます。

ベビーカー

これもまた種類があって悩むグッズの一つ。値段も$150~$1500くらいまでとピンキリです。先輩ママからは、よく使うのはママなので軽くて持ち運びのしやすいものを選ぶと良いと教わりました。また、最初は抱っこ紐などでお出掛けできるので、急いで買わなくても良いとのこと。

20週、Morphology Scan エコー検査

私は7週ぶりのエコーでした。こちらもGPから紹介状が渡されますので、自分で予約を取ります。20週のスキャンでは性別も判明するので、聞きたい方は聞いてみましょう。ただし100%正しいわけではないのでご注意を。

この頃になると、はっきりと人間の形になっているのが分かります。小さな手や足、口など見えると感激しますね。一生懸命心臓を動かしていました。

エコー写真をくれる所もありますので、欲しい方は予約の際に聞いてみましょう。

【番外編】この時期に買って良かったもの

エンジェルサウンド

自宅で心音が聞ける優れもの。特にオーストラリアでは日本のように検診が多くあるわけではないので、これを持っておくと安心かも(^^)14週目から使えます。

マタニティ用レギンス

Targetで買ったウォーキング用のレギンス。お腹がすっぽり包まれるようになっていて、履き心地最高◎

買う前はお腹周り苦しくないかな〜?と思ってたんですが、そんなことなかった!これならもっと前に買っとけば良かった^_^;

妊娠線予防バイオオイル

お腹が目立ってきた頃からこのオイルを塗るようにしていました。友人に勧められたのですが、どうやら有名なオイルらしいですね!お風呂上りに数滴手のひらに伸ばして、お腹周りに塗ります。ケミストやスーパーでも手に入ります。

 

コメント