オーストラリア・ケアンズで妊娠&出産!(妊娠発覚~10週まで)

オーストラリア生活

海外での妊娠・出産、いろいろ不安ですよね。

そんな不安を少しでも解消できればと思い、妊娠発覚から出産までのアレコレを綴っていきたいと思います。

ちなみにオーストラリアでの基本的な検診・検査の流れは以下の通り。日本と比べると検診回数はかなり少なめです。。

出典:日豪プレス

生理予定日を3日過ぎても来ない・・・市販の検査薬で確認

私自身は大体予定通りに生理が来る人間なので、3日過ぎても来なくて「おや?これはもしや?」となりました。

ひとまず市販の妊娠検査薬を使ってチェックすることに。使ったのはClearblueというブランドのもの。ケミストの他、ColesやWoolworthでも手に入ります。結果が陽性だった為、すぐにGPに予約を取りました

今は生理予定日前でも検査できるものもあるようです。先ほど紹介したClearblueの製品の中には、生理開始予定日5日前から検査できるものもあります。

とりあえずGPに行く

特にかかりつけのGPは無かったので、Health Engineですぐに予約の取れるGPに行くことに。

General Apointmentとして予約をしたので、医者に「Pregnancy Testをしたいんだけど」と伝えると、ちょっとビックリされました。(だってそんなカテゴリー、予約する時に無かったもん…)

結局その日は血液検査と尿検査のアポだけ取って終わり。

どこのGPでも大丈夫ですが、妊婦さんに人気なのはApple Tree MedicalCairns Family Medical Centreのようです。ちなみに担当医に満足できない場合は、いつでもGPを変更して良いそうです。

後日またGPに向かい、血液検査と尿検査を

普段仕事をしているので、お昼休憩に行くことに。

待ち時間にもよりますが、検査自体は15分くらいでさくっと終わりました。結果は約2日で出るとのこと。

再びGPへ

結果を聞きに再びGPへ。”You’re definitely pregnant.”ということで妊娠が確定。

まぁ市販薬の結果は99%正しいと言われてたので「ですよね」という感じでしたが(笑)

ドクターに超音波検査の紹介状をもらって、自分で予約取ってね~と言われて終わり。(自分で予約取るのかぁ・・・)

妊娠が確定したら、体重を測る習慣をつけることをオススメします。私は15週くらいから測り始めたため、どれくらい体重増加しているのか分からず困りました(^^;)

Ultrasound Scan 超音波検査

GPに紹介された超音波検査をしてくれる病院へ。

自分で予約を取るのですが、予約を取る日は6週を過ぎた頃が良いそうです。(私は5週と早くに行き過ぎて、殆ど何も見えませんでした笑)

【番外編①】公立病院か私立病院か

メディケアがあれば自己負担無しの公立病院での出産。その代わり20週まで特に診察が無いのと、医師や助産師を選ぶことが出来ません。また産後の入院は1~3日と言われています。

一方、自分の好きな医師(ケアンズの医師はこちらを参照ください)が選べて、その医師の勤めるクリニックにてより多くの検診をしてくれる私立病院での出産。ただしメディケアでのカバーは一部となり、基本は自己負担となります。自己負担額はどの医師に掛かるかによりますが、$2,500~$20,000(プライベート保険未加入の場合は$9,000~$30,000)と言われています。私立病院を考えている方は、クリニックに費用を問い合わせると良いと思います。

ちなみにどちらのケアにするかはいつでも変更出来ます。

6週、つわり到来・・・

6週過ぎた辺りから始まったつわり。最初は「こんなもんか〜」と思うくらい軽いものでしたが、だんだん重くなっていきました。本当に人それぞれのようで、つわりが全く無かった人も居るそうです(羨ましい!)。

つわり中でも食べられたものをちょこっと紹介します。

コーンフレーク

食べ悪阻だったため、朝何か食べないと気持ち悪くなってしまう・・・という状態でした。このコーンフレーク様にはどれだけお世話になったことか!冷たい牛乳を入れると食べやすいんです。(冷たい飲み物はあまり良くないとされてますが。。)ただ10週目辺りには飽きて、全く食べなくなりました(笑)

シリアルバー

妊娠前からよく食べていたシリアルバー。仕事中、ちょっとお腹空いてきたな~という時にさくっと食べれて良かったです。

マック、ケンタ、サブウェイ

これは有名ですが、私も例外なくファストフードが食べたくなりました。揚げ物だから気持ち悪くなるかな~と、恐る恐るチップスを食べた時の美味しさは忘れられません。週に1、2回ファストフードは食べてました。

麦茶

普段ほとんど水しか飲まないので、気持ち悪くて水が飲めなくなった時は大変でした。大好きなコーヒーもカフェインが入っているので(というかコーヒー飲みたくもなかった)、妊婦に良いと言われている麦茶を飲むことに。ダイソーで水出し麦茶パックを購入して、冷やして飲むと美味しい!冷たいものばかり飲んでいてダメですね(;^_^A

ルイボスティー

麦茶に飽きて飲み始めたのがこれ。ノンカフェインなので安心。ただしポリフェノール含量が多いそうなので、妊娠後期は飲みすぎに注意です。

ワッフル

コーンフレークの代わりに食べ始めたのがこれ。前から好きだったんですが、あま~くて美味しいし、ボリュームもある!ただハイカロリーなのと結構いいお値段なので、2回くらい買って終了しました。笑

バナナ&ヨーグルト

おやつの時間に食べ始めたバナナ&ヨーグルト。夕方になると吐き気が強くなっていたのですが、バナナ&ヨーグルトを食べるとだいぶ調子が良かったです。お腹にたまるし、便秘も食べ始めてから良くなったような?

キウイフルーツ

私の中での神フルーツ。ちょっと気持ち悪いなぁ・・・と思ったときに食べるとなんとスッキリ!12週頃から毎日食べてました。

寿司

禁断の寿司(笑)たまに食べてました。と言っても、生魚はなるべく食べないようにしてました。(なるべくね・・・)酢飯が食べやすいんだなぁ、これが。スシロールキングさんにはよくお世話になりました(*ノωノ)

7週、まさかの出血

突然不正出血が3日間くらい続きました。「まさか流産・・・」と恐怖でしかありません。GPに駆け付けると、すぐに超音波検査の紹介状を書いてくれて翌日行くことに。

不安な中、検査をすると・・・ちゃんと心拍確認できました!(涙)先生も「たまにあることですよ~」って言ってました。でも心配になりますよね(:_;)

【番外編②】この時期に買って良かったもの

サプリ

GPからお勧めされたこともあり、葉酸・鉄分が摂れるサプリを妊娠発覚後から飲み始めました。でも薬を飲むのが大の苦手な私…しかも私が飲んでいたelevitは一粒が大きい…

飲むのをサボってしまった日が数日続くと、貧血になってしまいました(._.)反省

妊婦さん、特に妊娠初期は貧血になりやすいそうなので、サプリはオススメです!

ブラ延長フック

つわりが始まって常に胃がムカムカするようになると、今まで着けていたブラが苦しくて仕方ありませんでした(+_+)

ここで救世主となったのがBest&Lessのブラ延長フック!マタニティブラを買う必要がなく(買いましたが結局苦しくて殆ど使わなかった)、お財布にも優しい◎

ユニクロのワイヤレスブラ

これは昔から使っているものですが、本当にこのブラを持っていて良かったと思います。このブラに延長フックを付けてマタニティ期を乗り切りました!

【番外編③】便利なウェブサイト

【番外編④】妊娠・出産に関する英単語

  • Fetus 胎児
  • Uterus(Womb) 子宮
  • Placenta 胎盤
  • Morning Sickness つわり
  • Pathology 血液検査、尿検査等をする検査機関

次回に続きます・・・☆

コメント